大野を通販でお取り寄せ、思わず目移りしてしまう、人気商品があつまっています

PR

イスラエルで大野が流行っているらしいが

大宮さんのBLのお話です。

苦手な方はご注意を///。

 ?* ?* ?* ?* ?* ?* ?*

「だって今日さ昼・・・こっち・・・営業部に来てさ・・・。」

「・・・ぅ・・・ん・・・。」

「今日の花火大会って大野さん来るの?って・・・わざわざ俺に聞いてたじゃん。」

「・・・。」

隣のニノから。

軽い緊張が伝わってくる。

顔は。

涼しげなのに。

なんだろ・・・この空気。

体が固まっていて。

まるで。

彫刻見たいに動かないニノ。

俺今日・・・ずっと会社にいたけど。

ニノが営業一課に来ることはなかった。

どうして俺に直接じゃなくて。

松潤に聞いたの?

ニノの小さな・・・静かな声が隣から聞こえる。

「・・・ソウ・・・ダッケ・・・?」

「そうだよ・・・だから俺・・・なんか急ぎでさ・・・大野さんに仕事の相談でもあんのかと思って。」

「・・・。」

「一課にさ・・・直接行けないから俺に聞いたのかなって。」

「・・・。」

「ニノがさ・・・内密で・・・営業一課に転属でもすんのかと思ったよ。」

「・・・あぁ・・・そういう意味・・・。」

小さく・・・独り言のようにつぶやいたニノ。

す・・・っと。

隣のニノから感じていた緊張が消えた。

松潤は。

何の下心もなく・・・ただの仕事の話をしていたんだと思っているようだ。

でも・・・あきらかに。

ニノは最初。

そういう意味でとらえてなくて。

違う意味で動揺したように感じる。

例えば・・・松潤から。

冷やかされた・・・とか。

カマかけられた・・・とか。

そんな風に思ったようだった。

でも。

違うとわかって。

それでも・・・松潤の質問にはまったく答えずに。

「僕・・・ビールでも買ってくる。」

突然。

そう言うと。

ニノが。

脱ぎかけた靴をまた履いて。

その場を離れようとした。

もう間もなく花火は始まるのに。

ニノは。

とにかくもう・・・その話をしたくないようだった。

「じゃあ俺も行く。」

まだ・・・脱いだばかりの靴を履きながら。

俺はかなり・・・はっきりと大きな声で言った。

ニノはちらっと俺を見たけど。

でも・・・靴を履き始めた俺を待たずに。

もう歩き始めてしまった。

松潤は。

さっきの話はもういいみたいで。

俺ビールね・・・とニノの背中に言う。

翔君もそれに気づいて・・・俺も・・・と言い。

相葉君は。

デジカメから目を話さずに・・・俺も・・・と言い。

俺は・・・そんな三人を置いて。

すぐにニノを追った。

人込みを。

グングン行くニノ。

完全に。

後ろから行く俺を無視してて。

なんなら俺を。

振り切ろうとしている。

なんで。

どうして。

そんなに俺から離れたがるのか。

それは。

逆を返せば。

・・・。

・・・。

俺をめっちゃ意識してるって事・・・だよな・・・?

俺は。

まかれないように。

懸命にニノについて行った。

薄暗がりの公園を出たところで。

ニノに追いつく。

道路の街灯と。

走る車のヘッドライトで。

ずいぶんと明るく見える道の。

少し先に見える・・・コンビニの看板を目指して信号を渡ろうとしているニノの。

その隣に並んだ。

若干・・・息切れしている俺・・・だけど。

もうタイミングは今しかないと思って。

なぜか・・・少し緊張したけど。

話かけた。

「ニノ。」

「・・・。」

「なんで・・・俺が今日来るか気になってたの?」

「・・・。」

「ニノ。」

「・・・。」

「・・・。」

「・・・。」

「無視されるのは・・・ちょっと辛いんだけど・・・。」

「・・・。」

さすがに・・・その言葉には。

ちょっと反応して。

俺を見てくれたニノ。

ニノの優しさにかこつけて。

卑怯だなって・・・そう思ったけど・・・でも。

俺も。

必死だった。

って言うかさ。

その・・・少し尖った唇。

とまどったようなまん丸の瞳。

拗ねたような表情から。

いろんな事が伝わってくる。

そんな顔。

するんだな。

可愛くてたまらないよ。

「俺さ・・・。」

信号が青に変わる。

もう。

スタスタとは行かないニノ。

隣を歩く俺と歩調を合わせてくれる。

そんなところに。

少し・・・勇気を得る。

だってさ。

嫌いなら。

俺をなんとも思ってないなら。

このまま。

無視でもなんでもしてればいいのに。

こうして。

俺の言う事を・・・ちゃんと聞こうとしてくれているんだから。

って言うかさ。

俺が今日来るか気になってたってことは。

俺と。

会いたかった・・・って・・・思ってもいい?

.

つづく

 ?* ?* ?* ?* ?* ?* ?

作者のナツコです。

読んでくださって、ありがとうございました。

お話はまだまだ続きます。

毎日0時8時16時に更新の予定でございます。

最後までお付き合いいただけたら嬉しいです♪

.

いい大野が好きだ。男ですから。

「ニノ!」

ノックもせずに部屋に相葉さんが飛び込んできた。
大野さんが脱いだままの衣装を拾い集めてて。

入り口で靴を脱ぎすてて、飛び込んできた勢いのまま。
ガシっと抱きしめられて。
次の瞬間には両肩を掴まれて、離されて。
腰を落とした相葉さんにまっすぐに目を覗きこまれて・・
肩を揺すぶられながら・・・尋問?
「ニノっ!なにしてたの!」

「なに・・ってナニ?しようと・・・」

「・・・誰と?」

大野さん・・と」

「ふーん・・・・ニノってば・・・オレという者がありながら・・
そんなこと平気でしちゃうんだ?」

「平気・・・っていうか・・
なんか・・悔しくないですか?
あの二人だけ・・・お祝いされてて!」
肩にかけてるだけ。
ボタンを外したままのシャツの襟元から、相葉さんの手が入ってくる。
「それで?
オレが大好きな・・・しっとりと吸い付くような肌を・・・
リーダーに触れさせちゃった・・・わけ?
そんなおいたをした子には・・・
ちゃんとしつけを・・しないといけないね?」

大きくて、心地よく乾いている・・相葉さんの手のひらが・・
肩から腕、肩から背中へと、滑っていく。
腰に回った相葉さんの手がワタシの体をすっぽりと包んで。
手とは正反対の冷たい口調が耳元で聴こえた。
「リーダーに何をしたのか、じっくり教えもらうよ?」
期待で・・・・胸が昂った。

[広告] 楽天市場
  • 【白紋天】白紋天 吊り下げ台付き(5825)[新盆用 盆 ちょうちん お盆 初盆 新盆 お供え お盆ちょうちん 盆提灯 お盆飾り 盆飾り 旧盆 お盆用品 新盆飾り 初盆飾り 新盆用品 初盆用品 お供え物]【メモリアルアートの大野屋】
  • 【送料無料!!】大野海苔 味付卓上 30本×2箱 ※北海道、沖縄及び離島は別途発送料金が発生します
  • 「折れない心」をつくる40のルール [ 大野裕(精神科医) ]
  • 大野海苔 味付卓上のり
  • あなたの人生に奇跡をもたらす和の成功法則 ROAD TO SUCCESS/大野靖志【1000円以上送料無料】
  • 福井県大野産コシヒカリ28年産1等米・特A米5kg

PR

コメントは受け付けていません。