転生終了のお知らせ

PR

転生にこだわって天使といっしょにワークする

Q.(バフォメットに意識を向けて)

叶姉妹の魔術的なプロデュースと、
コミケ進出のプロデュースは、
バフォメットが担当でしょうか?
→大きく右回転でYES
Q.叶姉妹の正体は誰だろうと考えていたら、
アルテミスの名がふと頭に浮かびましたが、
叶姉妹のどちらかがアルテミスでしょうか?
→ペンジュラム大きく右回転でYES
Q.美香さんがアルテミス?
→大きく左回転でNO
Q.恭子さんがアルテミス?
→大きく右回転でYES
Q.恭子さんとの関係に最も近い、
アルテミスの関係者は誰かと考えると、
美香さんはカリストーになるのでしょうか?
→大きく右回転でYES
Q.アルテミス=月読命であることから、
月読命が叶恭子として転生していると、
言い換えることも可能でしょうか?
→大きく右回転でYES
Q.(月読命に意識を向けて)
あなたの分身が、
叶恭子として転生しているのは、
事実でしょうか?
→大きく右回転でYES
Q.叶姉妹の人気が急上昇していることは即ち、
月読命の支配力の急上昇も意味しますね?
→大きく右回転でYES
Q.叶姉妹のコミケ進出は、
単なる彼女たちの趣味ではなく、
アルテミスの降臨、
月読命の降臨という大事件なんですね?
→大きく右回転でYES
Q.月読命が神話にあまり登場しないのは、
あまりにもファビュラスで、
アメージングでプレシャスなので、
天照の存在感が薄くなってしまうからですね?
→大きく右回転でYES
コミケで生の叶姉妹に会えた人たちは、
本当にラッキーだと思います。
女神の降臨に立ち会えたからです。
ほぐし屋健太郎

「転生」に学ぶプロジェクトマネジメント

「ツインソウル」とは今世では本当に一握りの人しか出逢い相手です

「ツインソウル」は魂の片割れで、お互いの魂がもう地球で学ぶことは今世で最後。その最後とは魂の片割れと一つになりアセンションをすること

魂が次の次元に行くことが用意されているからと今世生まれてくるときに設定してきます

それまでの転生から得た魂の成長なくして、今世の結合設定はあり得ないと言う時点で、一握りの人しかいないというのはよくわかりますよね

でも「ツインソウル」とは必ず結ばれます

極、極、稀に、一緒になることを設定してきていない人もいますが、基本は結ばれます

なぜなら「ツインソウル」が一つになると、とてつもない『愛』が溢れるからです

「ツインソウル」の愛は絶対値です

地球は、いや、宇宙は今その『愛』の存在をたくさん必要としています

「ツインソウル」同士が一つになれるまでにはたくさんの時間を要します

それは時空という概念で。魂の成長には何度も転生を繰り返すことが必要ですから

今年、来年と『ツインソウル』のカップルが多く誕生すると思います

2012年12月21日、アセンションするとか滅亡とか騒がれていましたが、この真意は、この日を境にスピリチュアルに目覚める人が多数いたということです

霊的覚醒を起こすにはきっかけが必要で、自分自身に何かが起こり、覚醒を起こす

もしくは今まで人生の探究をしていて、これまたあるきっかけで急激に覚醒していく

などなどそれぞれですが、2012年12月21日前後にそんな出来事があった方が多いです

地球自体もまた成長しています

人間と同じように

地球もこの日を境に次の次元へ行く道が拓けたということです

道は拓けましたが、完全に次の次元に行くには『愛』が必要なのです

地球にとっても、個々の魂レベルにとっても『愛』という存在が進化には不可欠なのです

『愛』でしか進化出来ないといっても過言ではありません

「ツインソウル」の話が、地球いや宇宙にまで行くとはちゃっと大げさではない?と思われたかもしれませんが、私達は宇宙の一部なのです

無限に続く大きな宇宙には逆らえません

このサイトに来てくださってる方は、昔、身近な人に私達は生かされていると言われたことがある人がほとんどではないでしょうか

早く言うと、本当に生かされているのです

なので、何をどうあがいても「ツインソウル」とは一緒になる運命なのです

「ツインソウル」と一つになるには決して簡単ではありません

簡単な結び付きでしたら、それは「ツインソウル」ではないかもしれない

それくらい「ツインソウル」という存在は稀で、大変なことなのです

でもその先には想像を遥かに越えた幸せがあります

実際、日本ではまだまだ「ツインソウル」同士というのは少なく、海外では日本よりも多い傾向のようですが、日本でもこれから一つになるカップルが多く誕生し、その二人に課せられている使命を全うするでしょう

そしてその使命を果たすために「ツインソウル」は結ばれる

使命を果たすためには霊的覚醒が不可欠です

この霊的覚醒を起こすには苦しみを体験するしかないのです

「ツインソウル」の相手に注ぐ『愛』から、苦しみを得る

そしてその苦しみから最後には「ツインソウル」との『愛』を得る

今まで日本では事例が少ないことから「ツインソウル」の定義があまり定まっていませんでしたが、最近は実際に体験されてる方もを多く「ツインソウル」の事も多く記されてきています

今「ツインソウル」の『愛』が必要なのです

そしてその『愛』に触れた人たちもまた、影響を受け、近い転生で「ツインソウル」と結ばれます

一つ言えることは「ツインソウル」は実際に体験した方でなければ、その真意はわからないし、信じられないということです

もしあなたが「ツインソウル」に出逢っていて、でもまだ結ばれておらず苦悩していたとしても、誰にも相談出来ないでしょう

なぜなら相談された相手も信じられないし、そんな相手は運命の人ではない、運命の人とはスムーズにいくはず、苦しみを与える相手は幸せにはしてくるないとでも言われるでしょう

一人で、自分自身と戦わなければならず、他人と戦うより自分の心と向き合い戦う事の方が何よりも大変な事なのです

戦っているあなたならわかるはずです、どれほど大変ことなのか

「ツインソウル」と結ばれると言うことは、それくらい大変な事で、大きな使命を全うするということはその苦しみをも経験していなければならない

全てが意味のあることなのです

愛はすべてをこえて

愛をこめて

Tomomi

——————————————————

Copyright Tomomi All Rights Reserved.

すべての文章は著作権法により保護されています。

[広告] 楽天市場
  • おかしな転生(3) パンプキンパイと恋の好敵手 [ 古流望 ]
  • 転生男装王女は結婚相手を探さない (fairy kiss) [ 月神サキ ]
  • ノウ無し転生王の双界制覇(ブラックアーツ)【電子書籍】[ 藤原健市 ]
  • ソード・ワールド2.0リプレイ できそこないの転生伝承1【電子書籍】[ 大井 雄紀 ]
  • 【中古】 アーティファクトコレクター 異世界と転生とお宝と /一星(著者) 【中古】afb
  • ゴブリンに転生したので、畑作することにした [ 富哉とみあ ]

PR

コメントは受け付けていません。