行列専門ショップ

PR

進歩のマーク行列

7月10日(月)

この日の朝はゆっくり起きて早速旦那に昨日の夢の話をしました。私にとっては初めて夢に赤ちゃんが出てきてくれて嬉しい夢だったのです。
体冷えたこととかは全く気にしていませんでした。

旦那も『へ?よかったねぇ。目どっち似?笑』
私がしっかり二重で旦那はしっかり一重なので目をすごく気にしていたんです。

『夢の赤ちゃんはぱっちり二重だったよ?!優しい目をしてめちゃ可愛かったー??』

なんて話をして。
その時に毎朝の恒例で『おはよう?朝だよ???』と話しかけても今朝も動きがありませんでした。

あれーないな?旦那が朝食行くためにバタバタ顔洗ったり着替えたりする間も私は横になって胎動を探して見ました。

けれどやっぱり見つからない。
『ねーなんか赤ちゃん動かない気がするんだけど…』

『んー?昨日楽しみすぎて疲れてまだ寝てるんじゃない?』
そう…なのかな…。

なんとなく気になりましたが、まだ6ヶ月。

お腹の張りなし。痛みもなし。出血なし。
私の中の異変ポイントは全てクリアしています。

先生にも胎動これから感じ始める時期だからあんま気にしなくていいよ?と言われていたので少しの不安を残しつつも起きて支度をしました。
この前もすぐには動かなかったけどその後元気良く動き出したので。

そして支度を早々に終えてチェックアウト。

食べログの評価のいい天丼屋さんを訪れました。

11時オープンで少しした時間に着きましたがすでに満席で期待にあふれてました。
天丼を美味しく食べ終え、そろそろ移動しようか…となりその前に一度お手洗い行ってくるね。とトイレへ行くと…。
パンツに小さめの茶色のシミが。

一気に血の気が引きました。冷や汗でベタベタになりました。

ちょっと待って…出血…?
トイレでパニックになりました。
けど必死に前見た記事を思い返しました。
確か鮮血は良くないけど茶色は出血してしばらく経った色。…そんなに心配しなくて大丈夫。大丈夫。

ティッシュで拭き取ってみるとそこにも少しの茶色の血がつきました。
とにかく帰ろう。と頭の中はそれのみ。ナプキンなんてもう持ち歩いていないのでティッシュをぐるぐる何重にも巻いてパンツに挟みました。
トイレを出てすぐ旦那に『やばい、出血した。やばい、帰りたい。』この時点で半泣きでした。

旦那は『え?ちょ、落ち着いて。わかった。すぐ帰ろうね。』とさっとお会計を済ませて外へ出ました。

外へ出た瞬間私の涙は崩壊。
お店の前に行列がありましたが堪えられませんでした。
駐車場へ行くまで少し離れていたのでコンビニを何件も通過しました。しかしナプキンを買う数分さえも惜しい。早く帰りたく泣きながら早歩きしました。

旦那はひたすら大丈夫だと声をかけてくれてました。そして本当にそう思っていたようです。大したことないって。またYUIのネガティブ発動したって。
けれど旦那の声など全く耳に入りません。
胎動、その時になってやっとそういえば一度も今日は感じられてない。と気づきました。
歩いている最中
妊娠中期出血
でいくつもいくつもサイトを調べ回りました。

けど、意外と大丈夫と書いてるサイトばかりなんですよね。
嘘ばっかり。全然大丈夫じゃなかった。
大丈夫なんかじゃ、なかったんだよ。

行列だとか騒いでるのは一部のブロガーだけ

秋の長瀞 岩畳  11月1日から始まっていた長瀞 紅葉まつり 平日ですが 開催期間 真っ只中案の定 激混みです観光バスのツアー客 団体様で向かう先は 名物 長瀞ライン下り親鼻橋から岩畳(Aコース/約3キロ)岩畳から高砂橋(Bコース/約3キロ)全長約6キロを2区間に分けて運航 太古の地層がつくる絶景 岩畳は隆起した岩が荒川に侵食されてできた景勝地で国の天然記念物 秋色の木々と岸壁の白川面の淡いグリーンが織りなす絶景を堪能しつつ岩畳を歩きます 幅80㍍、長さ500㍍にわたる岩の畳をびっちり敷き詰めたように広がっているので「岩畳」 畳もいいけど、特に凄いと思うのはこの岩ギリギリのところに立てること ワンコだって、この通り ライン下りの船に乗らずともスリリングな体験が出来ちゃうんです 岩畳は果てしなくオレンジの世界何度も滑って転びそうになるヘタレ→ 周りに気を取られがち、畳の段差でズコッ ズルッ DANGEROUS足元 お気をつけ下さいませ 長瀞 岩畳夏はアクティブにラフティング秋はのんびりライン下りおすすめの景勝地で?す 着いた時は、ものすごい行列だった秩父名物専門店 「寶」さん 戻って来たら並んでなかったしかも 外のテラス席が空いていた秩父ランチは野さかさんと決めている野さかの激うま 豚みそ丼は→こちらたまには浮気してもいっかと入店決定 もちろんアレ 豚みそ丼(は軒先で売っていた岐阜の富有柿1個だけ買ってみたけどスゴイ甘かった)券売機でチケット購入して間もなく本日終了の看板危なかった?ギリギリセーフ後から来るお客さんの残念そうな顔を申し訳なく横目で見つつ待つこと数十分 スタッフさん登場 ところが、が、が運ばれて来たのは、ひとつだけ遠慮なく先に食べだしたのはいいけれど半分経過しても 全く来る気配がなくもはや、味わうどころではない3分の1で箸を止めて、一緒に待ったテラス席で寒いのもあり ついにキャンセルするから← 3分の1 しかも冷めきっている豚みそ丼 食べる?とも言えないし しばし 沈黙の時そして やっと運ばれてきた 豚みそ丼(もしかして 仕込みからだった?)一気に黙々と食べる→こういう場合って遅くてもいいから、ふたつ同時に出して欲しかったと思うのはだけ豚みそ丼に翻弄された長瀞でしたちゃんちゃん お願いしますありがとう ございます  一緒に旅に出ませんか読者登録はこちらからお願いします↓ 

PR

コメントは受け付けていません。