新入社員なら知っておくべき大野の5つの法則

PR

第一次産業からの視点で読み解く大野

え?いかがだったでしょうか?
凪の初!の試み(多分)
お題をいただいての、妄想。

お題は4つ。
「花火」「ビニールプール」「家族」「爪」
先に出てきた3つのお題からは、もう幼なじみ同士の恋だね?
なんて、言われたので。
それで絶対書いてやるもんか!
と、へそ曲がりなB型凪は幼なじみ設定じゃない話にしました(笑)

みなさんは、このお題から、どんなお話が来るって想像してました??
凪の妄想はこんな感じになりました。
少しでも楽しんでいただけたでしょうか?

お題をいただいての、妄想、とっても楽しかったです。
お題が集まるのか?というドキドキも楽しみました(笑)
ありがとうございました!

「3」「11」「26」「80」のコメント番号には、理由があるんですけど・・・
まあ・・わかりますよね(笑)
大野さんの生年月日から数字もらってます。
仲間はずれが一つありますが(笑)
裏話的な?話をいくつか(笑)
「さくらいー」と呼ぶのは、智くんなりの理由があります。
そこまでお話には入れられなかったですけども。
お暇な方は想像してみてください(笑)

花火が水の中でも見られるのは、ホントです。
花火には燃焼が一気に起こるようになのか?
酸素が発生するような薬剤も含まれているそうです。
空気中の酸素を使わなくても燃え続けるそうです。
ただし、水が花火の中に染みこむと消えます(笑)

炎色反応実験をするときに、ナトリウムは食塩で代用してますが?
それがなぜなのか?
知りたい方は「ナトリウム」「保管」で調べてみてください。
かなり面倒な物質ですから・・・(笑)
で・・・・yayosatoさんが中心となって企画されていた
『2017 夏萌 夏祭り』の企画。

自分ところの企画が首絞めそうだから、ちょっと参加はむりかも・・
なんて思ってたんですけども。
お題の一つが花火だったので、無理矢理?だけれども・・・
お話で参加させてもらうことにしました。
とっても楽しかったです。
ありがとうございました!
お読みいただきありがとうございました!

大野 プール冷えてます

「言えるわけないよ。あんな有名人と立派に会話している智くんに向かって、そんな事…言えるわけない」
「なんで関係ないだろ?」
「関係あるよ!何でわかんないの?心の中で何度も叫んだ…。智くん助けてって」
「だったら呼べよ!」
「智くん…自分の立場を分かってる?貴方…自分が思う以上に有名な画家なんだよ。普段近くにいるから忘れてるけど…こうして智くんの世界を身近に感じると俺とは違う世界の人だと痛いくらい分かる」
瞳から涙が膨らんでポロリ…と零れた
「その大野画伯の恋人が『俺』だって…。こんな格好した『俺』が男の声で叫んで『あの人が彼氏です!』って…言えない。言えるわけないでしょ?智くんに恥をかかせたくなかった…あっ…」
そこまで言うと智くんがガバッと俺を抱きしめた
「翔ちゃん…ごめん…ごめん…ごめん…」
智くんは俺の髪を優しく撫でながら耳元でずっと謝り続けている
俺は抱きしめられてやっと緊張が解けてきた
智くんの背中に腕を回して首元に顔を埋める
智くんが首元にチュッとキスをした
やっぱり…俺…智くんじゃなきゃだめなんだ
それだけで全身から力が抜けそう…
「翔ちゃん、俺のワガママで嫌な思いさせてごめん。俺が翔ちゃんを好きになったから…こんな格好まですることになって。本来なら…翔ちゃんが可愛い女の子と浴衣を着て花火大会に来てるはずなのに…俺のワガママだ」
「智くんのばか!俺…そんな事言ってないでしょ?」
背中を軽く叩いた
「翔ちゃん…好きになってごめん。でも手放すことなんてできない…許して」
「俺だって離れるつもり全然ないから!ずっと好きだったって知ってるでしょ?」
体を離してしばらく見つめ合う
「翔ちゃん…好きだよ」
智くんの唇が俺に降りてくる
俺は瞼を閉じた
チュッ…チュッ…チュッ…
何度か軽いキスを交わす
智くんが俺の唇を軽く  舐  めてから  舌  を滑り込ませた
「うんっ…ふぅん…」
お互いの鼻からため息が漏れる
「んっ…」
智くんが突然、濡  れた唇を離し耳元で囁く
「シンデレラの時間は終わりだね?部屋に行って脱がせてあげる」
「クスッ。ほんと、シンデレラだよ?」
智くんに草履が脱げた裸足の片足を見せた
「翔ちゃん、いつから!?」
驚いた智くんの顔に笑えた
「ははっ。智くんがナンパ野郎から俺を奪い返した後から…」
「ぁぁぁ…。マジでごめん!怪我してないよね?」
ごめん、ほんとにごめん…って言いながら、智くんが跪いて俺の足を確認する
「大丈夫だってぇ」
過保護すぎて笑っちゃう
俺、男だよ?
「これ履いて」
智くんが自分の草履を両方脱いで俺に履かせた
「いいよぉ。智くんが怪我したらどうすんの?」
「翔ちゃんの方が大事だから、文句言わないで。俺がエスコートするって言ったろ?」
いつもは変態でふにゃふにゃしてるくせに、時々見せる男らしさに毎回やられる
「智くん…俺も好きだよ」
俺の片方しかない草履を片手にもって立ち上がった智くんが言った
「知ってる…」
だよね?
好きだし…愛してるよ
智くんに声をかけた
「部屋に帰ろっか?」
「おう!」
俺は裸足の智くんに手を引かれデッキを後にした
最後という合図なのか…
一際大きな花火が上がった
あちらこちらで

「や~まや~」「や~まやぁぁぁ~」

と言う声が聞こえた

どーーーん!!!

どーーーん!!!
音がこだまする…
華やかな音と光
この大きくて美しい花火がゆっくり消えて
最高の花火大会が終わった…
おしまい。

壁|ω・*)コソッ…
[広告] 楽天市場
  • 【味付け海苔】徳島名産! 大野海苔 おかずのり  5袋入り
  • 徳島名産! 大野海苔 味付きざみのり 25g
  • 【先着特典】名探偵コナン『から紅の恋歌』オリジナル・サウンドトラック (A5クリアファイル付き) [ 大野克夫 ]
  • 【ふるさと納税】No.041 豊後大野市産 天日干仕上 中玉どんこ 600g
  • YAMATO 玄米甘酒 490ml <3本セット> あまざけ 国産原料 砂糖不使用 ノンアルコール 玄米と米糀の糀飲料 保存料不使用 発酵飲料【金沢 大野で創業100年を超える老舗の技】
  • 大野海苔(大野のり)卓上 (5本入り)1ケース

PR

コメントは受け付けていません。