作新学院を一行で説明する

PR

あなたのお探し物作新学院はココです。

東京ガス石田光宏25近江関大
木村光彦24習志野日大
岩佐海斗28成立学園
宮谷陽介27報徳学園筑波大臼井浩24光明学園相模原中央学院大安西拓人23堀越国学大
那須裕志27日章学園
難波剛太29春日部共栄明大野村尚樹23西田川広島経済大冨安翼23日章学園
安本英正26広島商法大
山内佑規30桐蔭学園明大久米健夫23大阪桐蔭関大
板崎直人25作新学院筑波大
我如古盛次26興南立大庄野雄斗24履正社大体大
石川裕也24東海大相模日大国際関係学部竹村光司23大森学園中央学院大
村田穏行27PL学園日大
小林勇登28北海駒大
中山悠輝23PL学園
地引雄貴28木更津総合早大
黒田雅和32広陵関大
笹川晃平24浦和学院東洋大
山口翔大24桐光学園慶大
小野田俊介26早稲田実早大
臼田哲也25東海大相模東海大
建部賢登28桐光学園法大
坂井貴文30春日部共栄東洋大
18社会人野球
(仮)目次です

作新学院の品格

ボクが「中学入学前」の春休み。 第45回センバツ開幕日の早朝。ボクは、三塁側アルプスで「開会式」を待っていた。 すると・・・。バックネット裏から、観客が総立ちになった。総立ちが順に。内野席へ、アルプス席へと連なる。 ざわめきが、やがて「天地真理や!」に変わりました。 そうです。この年の開会式行進曲は、天地真理さんの「虹をわたって🎵」でした。 行進曲の歌手が「ゲスト出演」するのは、MBSの恒例です。 天地真理さんは「国民的アイドル」。誰もが「一目見たい」と思う時代でした。  開会式直後の第一試合は、なんと。優勝候補同士の対戦「作新学院‐北陽」。 三塁側は「大阪・北陽」の応援席。北陽の「6番ショートSさん」は、中学の先輩にあたる。 北陽は、大会打率№1の打撃のチーム。松岡監督は「ウチはウチの打撃をするだけ」と豪語。 そこに「作新学院・江川卓」がベールを脱ぐ。 投球練習の第一球は「たあん!」と足を蹴り上げ、投げた。観客がどよめく。度胆を抜かれた。物凄い剛球。 それは同じ席でみた「ジャンボ仲根」どころじゃない。北陽打線は、手も足も出ず。「木のバット」ではとても無理。 先輩・Sさんは、初打席「四球」を選んだけど。後に聞くと「地を這うようなボールが、ズドーン!」「低い!」と見送ったのが、浮きあがって飛び込んで来ると。 開会式直後で、進行が遅れ気味だったせいか「審判が、早く早く!と急かされ困った」とも。 松岡監督は「思いっきり振れ」と指示を変えなかったのもあの当時の「大阪ケンカ野球」そのもの。そういう時代です。 その指示が活きたのは、エース有田のライトオーバー三塁打です。「ついにとらえた!」と飛び上がって喜んだけど。結局は「0-2」の完封。19奪三振。 あのアルプスからみた「江川の剛球」はいまだボクの脳裏にハッキリ残っています。 江川卓が「三振」を奪うと敵陣・作新学院応援席から「ファンファーレ」が響いてた。 その後、準決勝で「広商野球」に敗戦するが、それを見たのも、三塁側アルプス(広島商)でした。 江川卓さん。レベルもラベルも段違いな高校生でした。

[広告] 楽天市場

  • 宇都宮大学教育学部附属小学校・作新学院小学部過去問題集(平成30年度版)
  • 作新学院中等部(平成30年度用) 5年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)
  • 作新学院高等学校(トップ英進部・英進部)(平成30年度) (高校別入試問題集シリーズ)
  • 【送料無料】 宇都宮大学教育学部附属小学校・作新学院小学部過去問題集 平成30年度版 【本】
  • 作新学院中等部(2019年度用) 5年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)
  • 【送料・代引手数料無料】作新学院中等部・直前対策合格セット(5冊)

PR

コメントは受け付けていません。