作新学院激安通販

PR

作新学院が好きな人が集まるサイト♪

1967年 「サンケイがボクをまっさきに指名してくれたって?本当ですか・・・」真っ黒に日焼けした童顔を一瞬緊張させた中野は、次の瞬間、目をパチクリさせた。サンケイから第一回目に指名されたことを知ったのは午後七時少し前、浜松市池川にある日本楽器野球部合宿所で夕食をとっている最中だった。「ことしあたりドラフト会議でボクの名前が出るとは思っていましたけど、最初にあげられるとは・・・、その点がわかんないな」自問自答をくり返しながら考えぶかげ。森口哲夫監督に「いいじゃないか、光栄なことだ。喜べよ」といわれて、やっと白い歯をみせた。作新学院三年の三十七年に八木沢(現東京)、高山(現サンケイ)加藤(元中日・故人)を率い、主将として春、夏の甲子園大会に出場、史上初の連続優勝をやってのけた勝負運の強さ。作新学院卒業と同時に岩崎電気(四十年に野球部解散)、四十年から日本楽器のユニホームを着て、ことしの春の選抜東京大会で5割3分7厘を打って首位打者、夏の都市対抗では久慈賞に輝いた打撃の実績。さらに社会人野球界で抜群といわれる守備力などあげればきりがない。森口監督もその技量については絶賛する。「ことしの都市対抗で、雨や引き分けで3連戦やった日立製作所との試合で、かれは左右に2ホーマーを記録している。からだのわりに腕っぷしが強いから、バッティングが実にシャープだ。性格は内向的だが、勝負根性はみあげたものをもっている。俊足で守備も的確だ。昨年は中央大会に出るとき、ウチに武上(当時河合楽器、現サンケイ)を補強したが、二人で万全と思われる二遊間コンビを組んでいた」作新の四天王といわれながら、プロ野球から注目されなかった原因は小柄なからだにあった。森口監督は「体力さえつけば、オニに金棒だ。技術的にはプロでじゅうぶんやっていける」とタイコ判を押し、プロ入りについては、「ウチとしては痛いが、あくまでも本人の希望しだい」と強調する。中野の実家は栃木県宇都宮市にあり、母親フミさん(52)と観光バスの運転手をしている兄雅美さん(50)のほか兄一人、弟一人の四人兄弟。父親は中野がもの心がつきだした三歳のときになくなっている。「オフクロをはやく楽にさせてやりたいのが、夢なんです。ノンプロにはいって五年目、プロにいくとしたら、いまがちょうどいい時機ですネ。高山や八木沢ともう一度野球をするのもいいし、別所監督のようなこわい監督のもとでプレーをやるのも貴重な経験だと思います。これからスカウトの人がみえたら話をよく聞いて結論をだすつもりです」森口監督と同僚に囲まれながら中野は人生の転機に立った心中をたんたんと説明した。 

作新学院 ジーンズを脱いだらコンドームを着る。

ファンミ無事に終了しました

ご来場の皆さま、楽しい時間をありがとうございました

来シーズン、しっかり結果を残してまた皆さまと楽しい時間を過ごせるように頑張ります

そして昨日は作新学院優勝祝賀会に出席しました
作新野球部の伝統の重みをより一層感じながら、野球だけではなく、人間的にも成長していきます

最後になりますが改めて優勝おめでとう

[広告] 楽天市場

  • 作新学院中等部 5年間スーパー過去問【2500円以上送料無料】
  • 【新品】【本】作新学院中等部 5年間スーパー過去問
  • 作新学院中等部 5年間スーパー過去問
  • 作新学院中等部 5年間スーパー過去問 (’19 中学受験 504)[本/雑誌] / 声の教育社
  • 作新学院中等部 5年間スーパー過去問 2019年度用 声教の中学過去問シリーズ 【全集・双書】
  • 【送料・代引手数料無料】作新学院中等部・2ヶ月対策合格セット(15冊)

PR

コメントは受け付けていません。