今ここにある添乗

PR

第壱話 添乗、襲来

 知的障害を伴う自閉症の彩夏が6歳8か月の時のことです。 子供会のボーリング大会に参加しました。 当日の天候は大雨洪水警報が出ていました。 私の子どもの頃は、どんな警報が出ても学校は休みでしたが、今は暴風警報が出ていない限りは、学校は休みになりませんねぇ。 これも週休2日制度のためでしょうね。 ただし、養護学校(今の特別支援学校)は、どの警報が出ようとも休みになるんですよ。 これがなかなかくせ者でしてね、彩夏が在校中、3度ほど「先ほど警報が出ましたから」と、添乗員の先生がスクールバスの扉を開けて説明され、再び扉を閉めてバスは発車~! 乗るはずのバスが行ってしまい、バス停で唖然とする子ども、ぐずる子ども。 だって、バスの中には、私達のバス停前の子ども達は乗っているのですから。 バスに乗っている子ども達はそのまま学校へ行き、トイレを済ませてから帰ってきます。 さて、2学年上の姉の里早は集合場所から送迎バスに乗ってボーリング会場へ行きました。 彩夏には私が付き添うため、私の車に乗せて、会場へ向かいました。 建物の1階はゲームセンター、2階がボーリング場でした。 彩夏は長く高い2階へ続くエスカレーターを見て「イヤ!」と乗りたがりませんでした。 そして、1階のゲームセンターのパチンコ台の椅子に座り込みました。 集団で行動をしようにも、初めての場所での不安、こだわりなどいろいろなものが、邪魔をすることが多いです。 それでも、出来るところまで彩夏を一緒にさせてやりたいと思うのです。 私たちの後から送迎車で到着した子ども会の子ども達が次々とエスカレーターに乗っていきました。 2階にアイスの自販機があることを知っていたため、「アイス、食べる?アイスは上だよ」というと、彩夏は「食べる」といそいそとエスカレーターに乗り込みました。 この頃は、食い気が勝っていて良かったです。 知恵がついてくると、食べ物では連れなくなっていきました。 そのうち彩夏は「お土産」と、買ってくることを望むようになりましたから。(続く)

東大教授がこっそり教えてくれる添乗の真実

10か月長女育児中&第二子妊娠中2019年7月出産予定
胎動が始まったかも?!16wに突入したとたんになんだかそれらしき違和感が始まりました気のせいと思えば気のせいくらいの感覚でもなんか動いてる気がします
長女の時も17wあたりで気のせいレベルで開始したらしい長女は、胎動がおとなしい方で、1番動く時期にもそこまで痛い思いをした事がありませんでしたしゃっくりの方がよくわかってお腹がブルブルしてました今回はどうなのかな。「胎動で痛い!」って言ってみたいちょっと羨ましかったんだよね!ブログで「痛いくらいの胎動」って言ってる人

前回のブログで今の時期が妊婦である事忘れるくらい元気!って書いたんですが…やっぱり体が動くならちょっとでも仕事したいな〜なんて思い始めちゃって長女の時はまだ病院勤めしていたのでパートながらも一応社会の輪の中に入っていたつもりでそれなりに毎日充実していたし自分のお小遣いも稼げたから好きなものを買えてました
無職になった今…いちいち欲しい物を夫に言わなきゃいけない感がすごいストレスで…欲しい物をすぐ買えない、なんで「お金ください」とか申し訳なさそうに私が言わなきゃいけない?な感じで…人からお金もらってる感がすごい惨めなんですよねやっぱり働きたいな〜なんて気持ちが強くなっちゃいました
看護師の資格をもっているので単発バイトないかな〜なんて探してみたら…今の時期体力勝負な単発バイトしかない
デイサービス、訪問入浴、健診、採血、イベント、修学旅行付き添い
単発バイトはいくつかしたことはあるけど今の体を考えると健診か採血くらいかなと妊娠してなかったら修学旅行の添乗ナースやってた!このバイトが1番楽しかった!ディズニーとか行ったしで今の季節、健診の時期じゃないしやっぱり健診は人気だからすぐ埋まっちゃうんですよね〜健診の時期になるともっとお腹出て貸してくれる白衣がきつかったら…とか考えちゃうし

あー。やっぱりお小遣い稼ぎは難しいかな?それとも看護師というジャンル外で探す?正直看護師以外の仕事したことないから絶対無理だし迷惑かけるだろうな〜そもそも時給聞いて嫌になるから論外なんだけども
こういう思いするなら勤めていた病院辞めなきゃよかったな〜と後悔していますずっと働いていた私に専業主婦は無理な労働条件だと痛いほどわかりました…自分のペースじゃなくて誰かに振り回されながら仕事するの好きだったみたい!だから娘に振り回して欲しいんだけど、いい子すぎて振り回してくれないし私きっとM気質なんだ
しばらく単発バイトの求人とにらめっこすることになりそうです


添乗 関連ツイート

RT @GermanyTravelJP: 現在予約受付中の「ドイツユースアンバサダーの旅」(3/12-3/19)は、お一人参加でもグループに打ち解けられるように添乗員さんが配慮してくれるユース向け特別ツアーです。ドイツで観光PRをした経験が、将来就活や転職で役に立つ日が来るかも…
RT @TsushimaWiki: 韓国発「対馬ツアー」に潜入したら・・・-添乗員がとんでもガイド(崔碩栄・週刊新潮2018.5.17号)
「対馬はもともと韓国領で す。いずれきっちり韓国の 領土になりますから」「日本の医学の発達は731部隊の経験から」バスガイドがトンデモ解説…
RT @cruise_magazine: 【求人広告】郵船トラベル クルーズスタッフ募集!!
日本郵船グループの一員としてクルーズ事業30年以上の実績を誇る
郵船トラベルでは、クルーズスタッフを募集しております。
クルーズ(国内・海外)の企画、販売、手配、添乗業務など、
様々な…

PR

コメントは受け付けていません。