人生に多くのことを求める人へ、添乗。

PR

6時間で覚える添乗絶対攻略マニュアル

7:00 起床コスタディアデマで迎える最初の朝~7:30 朝食
10Fのブッフェに行きました
パンの種類がめちゃくちゃ多くて朝から迷います。
チョコクロワッサンが美味しくて乗船中よく食べました。朝食を食べてる時に日の出が見えました。
マヨルカ島の朝日~島影が対馬みたいしかしこれで8時頃。ヨーロッパの冬は日の出が遅いので、早い時間じゃなくても
日の出が見れてちょっと得した気分9:00 パルマ・デ・マヨルカ入港
私達は3Fロビー集合で、他のお客さん達も下船準備やシャトルバスのチケットを
買ったりごった返してました。ツアー客みんな揃った9:15頃下船。
マヨルカ島観光は後ほど詳しく13:40 船に戻って昼食
お昼も10Fのブッフェにて。
デザートのレモンパイが美味しかった
実は添乗員さんに「港の近くにスーパーありますかスーパー行きたい」と
言っていたので添乗員さんが港そばのスーパーに連れて行ってくれることに
なので昼食をサッと済ませて希望者のみ再び3Fロビーに集合。14:20 スーパーに向かって出発
まさか最初の寄港地から自由行動するなんてワクワク~
道はひたすら1本道だったので簡単でしたが、添乗員さんは仕事があるので先に帰るため、
帰りは自力なので、まるでヘンゼルとグレーテルのように帰り道の目印になるものを
撮影しながら向かいました徒歩10分ほどでスーパー「カルフール」が入ったショッピングセンター「PORTO PI(ポルトピ)」に到着。PORTO=港、PI=松という意味だそう。
スーパーだけかと思ってたらZARAHOMEとかDesigualとか色々入ってる~
ここのカルフールもめちゃくちゃ大きくて衣料品や雑貨も売ってありました。
服も見たかったけれど結局カルフールだけで時間切れ~17:00 出航
マヨルカ大聖堂が遠くなる~
この日、最終乗船時刻が16:30だったので、最悪でも16時にはカルフールを出て下さいねと
添乗員さんに言われた16時に出て、駆け足でどうにか16:15頃には乗船出来ました。
乗船時には空港みたいなセキュリティチェックがあり、コートも脱ぎます。
でもカルフールで買ったレモネード4本大丈夫でした一緒に行ったツアー客の方はワイン瓶みたいなオリーブ油を買ってたけどこちらもスルー。瓶やドリンク類のチェックは厳しいと聞いていたけど意外とゆるいみたい次のスーパーで私もオリーブ油を買うぞ18:30 夕食
前菜の「生サーモンのマリネ アボガド・海老ソースとピリ辛マヨネーズ添え」
盛り付けも綺麗だしサービスもフレンドリーだけどスマート
この日のデザートのキャラメルケーキも美味しかったな帰り際に忘れないようクレジットカードの登録を行いました
乗船から3日以内をメドに各自済ますよう言われていたので。
コスタカードとクレジットカードを紐づけます
カードが無い人は150ユーロのデポジットでもOK
日本語選択できたので簡単1分位で無事完了。4Fグランドバーで毎晩やってたダンスタイム
生歌でムーディーな照明。自然と手を取り踊り始める素敵な夫婦方

日本には無いな~、照れくさくて踊らないよな~。
気負わずサラッと踊れてうらやましいな~。
日本だと誰でも踊れる踊りって盆踊りくらい
このダンスホールの雰囲気が好きで毎晩眺めるのが日課になりました。

添乗なら品質・価格・安心の通販サイトへ

 知的障害を伴う自閉症の彩夏が6歳8か月の時のことです。 子供会のボーリング大会に参加しました。 当日の天候は大雨洪水警報が出ていました。 私の子どもの頃は、どんな警報が出ても学校は休みでしたが、今は暴風警報が出ていない限りは、学校は休みになりませんねぇ。 これも週休2日制度のためでしょうね。 ただし、養護学校(今の特別支援学校)は、どの警報が出ようとも休みになるんですよ。 これがなかなかくせ者でしてね、彩夏が在校中、3度ほど「先ほど警報が出ましたから」と、添乗員の先生がスクールバスの扉を開けて説明され、再び扉を閉めてバスは発車~! 乗るはずのバスが行ってしまい、バス停で唖然とする子ども、ぐずる子ども。 だって、バスの中には、私達のバス停前の子ども達は乗っているのですから。 バスに乗っている子ども達はそのまま学校へ行き、トイレを済ませてから帰ってきます。 さて、2学年上の姉の里早は集合場所から送迎バスに乗ってボーリング会場へ行きました。 彩夏には私が付き添うため、私の車に乗せて、会場へ向かいました。 建物の1階はゲームセンター、2階がボーリング場でした。 彩夏は長く高い2階へ続くエスカレーターを見て「イヤ!」と乗りたがりませんでした。 そして、1階のゲームセンターのパチンコ台の椅子に座り込みました。 集団で行動をしようにも、初めての場所での不安、こだわりなどいろいろなものが、邪魔をすることが多いです。 それでも、出来るところまで彩夏を一緒にさせてやりたいと思うのです。 私たちの後から送迎車で到着した子ども会の子ども達が次々とエスカレーターに乗っていきました。 2階にアイスの自販機があることを知っていたため、「アイス、食べる?アイスは上だよ」というと、彩夏は「食べる」といそいそとエスカレーターに乗り込みました。 この頃は、食い気が勝っていて良かったです。 知恵がついてくると、食べ物では連れなくなっていきました。 そのうち彩夏は「お土産」と、買ってくることを望むようになりましたから。(続く)


添乗 関連ツイート

【添乗報告記 #ネパール #トレッキング】今シーズンの新企画にして大人気のネパール・ツアー “裏”ゴレパニ・トレッキングの添乗報告記をアップ!裏というからには表もあります。その違いもご紹介しています。https://t.co/nj5wq5HBTj
なんでや、、、なんで自分も酔う癖にそんなに運転荒いんや、、、急加速急減速急加速急減速(ry 慣性の法則にグイグイ振り回されてワイの三半規管瀕死、、、福祉車両が一般車ぶっちぎる加速はアカンと思います、、、瀕死の送迎添乗員がお伝えしました、、、、(バターン
小学生の頃の修学旅行での事。
帰りのバスでカリオストロの城のビデオ流してたんだけど、
銭形「いや、奴はとんでもないものを

ブチッ

添乗員「はい、皆さんお疲れ様でした。間もなく学校に到着します」

あの添乗員の神経が分からん。(2ch)

PR

コメントは受け付けていません。