添乗基礎知識

PR

人生に多くのことを求める人へ、添乗。

 知的障害を伴う自閉症の彩夏が6歳8か月の時のことです。 子供会のボーリング大会に参加しました。 当日の天候は大雨洪水警報が出ていました。 私の子どもの頃は、どんな警報が出ても学校は休みでしたが、今は暴風警報が出ていない限りは、学校は休みになりませんねぇ。 これも週休2日制度のためでしょうね。 ただし、養護学校(今の特別支援学校)は、どの警報が出ようとも休みになるんですよ。 これがなかなかくせ者でしてね、彩夏が在校中、3度ほど「先ほど警報が出ましたから」と、添乗員の先生がスクールバスの扉を開けて説明され、再び扉を閉めてバスは発車~! 乗るはずのバスが行ってしまい、バス停で唖然とする子ども、ぐずる子ども。 だって、バスの中には、私達のバス停前の子ども達は乗っているのですから。 バスに乗っている子ども達はそのまま学校へ行き、トイレを済ませてから帰ってきます。 さて、2学年上の姉の里早は集合場所から送迎バスに乗ってボーリング会場へ行きました。 彩夏には私が付き添うため、私の車に乗せて、会場へ向かいました。 建物の1階はゲームセンター、2階がボーリング場でした。 彩夏は長く高い2階へ続くエスカレーターを見て「イヤ!」と乗りたがりませんでした。 そして、1階のゲームセンターのパチンコ台の椅子に座り込みました。 集団で行動をしようにも、初めての場所での不安、こだわりなどいろいろなものが、邪魔をすることが多いです。 それでも、出来るところまで彩夏を一緒にさせてやりたいと思うのです。 私たちの後から送迎車で到着した子ども会の子ども達が次々とエスカレーターに乗っていきました。 2階にアイスの自販機があることを知っていたため、「アイス、食べる?アイスは上だよ」というと、彩夏は「食べる」といそいそとエスカレーターに乗り込みました。 この頃は、食い気が勝っていて良かったです。 知恵がついてくると、食べ物では連れなくなっていきました。 そのうち彩夏は「お土産」と、買ってくることを望むようになりましたから。(続く)

添乗のガイドライン

添乗員さんは てきぱきしていて おもしろすぎる~エジプトのガイドさん 絶対私より日本語上手いし 言葉もよく知ってる~よくモトちゃんに『日本語学校へ行ったら?』と私は言われていますが…感心するほど日本語が上手いガイドさんにびっくりです

今回のツアー 最高!


添乗 関連ツイート

【八軒】小学生の頃の修学旅行での事。
帰りのバスでカリオストロの城のビデオ流してたんだけど、
銭形「いや、奴はとんでもないものを

ブチッ

添乗員「はい、皆さんお疲れ様でした。間もなく学校に到着します」

あの添乗員の神経が分からん

RT @HAL_cyanide: ちなみに私が見てるページこれです✋
添乗員同行じゃないと私は生きて帰ってこれないのでこのページ見てますけど、なんか他にも色々ありそうです✈
https://t.co/wseQEqGxYj
おい! 添乗員を呼べ!!

PR

コメントは受け付けていません。