ASPサイトに出てくる用語

コラム

ASPは、インターネットを中心に成果報酬型広告を配信するサービス・プロバイダのことです。

このASPサイトにログインした時に、いろいろな用語がありますよね。

その意味ってみなさんおわかりですか?

中でも、アフィリエイターに一番近いクリック数に関する用語についてお話しします。

まず、「C」。

これはきっと皆さんお判りだと思いのすが、クリック数のことです。

この「C」の数が、自分のサイトに貼ってある広告がクリックされた数なのです。

では、「I」。

これは、インプレッション数で、表示された回数をあらわします。

クリックされていないものでも、とにかく自分のサイトにその広告が表示された回数を示します。

そして最後に「C/I」。

これは、クリック数をインプレッション数で割った割合です。

つまり、訪問した人のどのくらいの割合の人が、広告をクリックしたかという数字になりますね。

「C/I」が10%なら、10人訪問して1人クリックしたというわけなので、「C/I」を見れば、自分が貼り付けている広告が、有効的なものかどうか一目瞭然です。

このように、自分の広告状況が、適しているか否かをチェックして改善することも、アフィリエイトで成功するひとつのコツですよ。

関連記事
  • インターネットの普及とビジネス

    まだ私達が小学生の頃なんてインターネットの普及率はかなり低いものだった。例えば、今では当たり前になっている通信販売やお取り寄せ品もない状態に近い。あの県の名物の ...

    2011/08/22

    コラム

  • アプリでサイドビジネス

    テレビでも話題になりましたが、アプリでサイドビジネス。これは特にipadが発売された当初の頃に注目を浴びましたね。今までパソコンと無縁だった高年齢者までスクール ...

    2011/08/18

    コラム

  • 携帯ゲームサイト

    携帯やパソコンではゲームサイトがすごく人気である。CMでもモバゲーやGREEなど多くのサイトを見かける。私もやっているのだが、いい年をした大人がこんなことを言う ...

    2011/08/15

    コラム

  • ブログビジネス

    こんな話を耳にした事はあると思います。普通の人のブログのアクセス数が増え、いつの間にか本を出版するまでに!一番多い確率は主婦層のブログです。何気なく始めたつもり ...

    2011/08/10

    コラム