「聖地巡礼」が日本をダメにする

Pocket

聖地巡礼 私の顔が会社の顔です

ぼんやり。休みをもらいつつ、だからって何かやろうって気が湧かない。のでだらだら。だらだらしてるだけでも、焦燥感で気持ちだけはやります。こんなしてていいの? 抗がん剤しながらフルで働いてる人もいるっていうのによ? 己はただ甘えてるだけじゃないの? とかちょっと思うわけですよ(ちょっとかよ)ストレスは良くない、ストレスがたまったら癌が増える。そんな勝手なイメージが有る。あなただけ特別扱いはしません、雇用規定が守れないなら辞めていただくという会社に反骨心でしがみついていますが、それでいいのかいな。でもなー、新たにお金必要なのよ。治療費以外で。ということで、今回は治療に関係ない話です。私の旦那さんは幸せな森の奥でずっと自分の好きな靴を作っていたこびとのような人です。私と出会い、結婚して「お金」って生活にかかるんだよとやっと気づき始めた。そこに思わず子供ができて、旦那はお金のためにすっぱり大好きだった靴職人を辞めて森から出たわけです。(ほんとに靴職人じゃないよ、たとえだよ)でも、一人っ子で(私からみたら)甘やかされていた旦那は、やはり「お金」にピンときていません。産休で収入がなくても、出費はある。保険とか、ちょっとした買い物とか。産休に入るまでは自分のパート代で賄ってたけど、収入ないから払えない。困る、と口にするまで気づかず、口にしても「ごめん、そうだよね」と言ったきりそんなには出してくれなかった。ないからかもしれないけど、ないならないで言ってくれないとねぇ。黙ってなんでもお母さんがしてくれていたので、黙って誰かが解決してくれると思ってるのだろうか。今回の病気のお金も、出してもらってない。保険が降りたから安心してるかもしれないけど、私はこの額が足りなくなると踏んでる。だから使いたくないのだけど、車が………車があかんのじゃ。我が家は財布の管理を旦那がしています。自営業で収入が安定していなかったため、私じゃ管理できなかったからです。とても大事にしてくれますが、お金に関してはなんでこうも疎いのかと。売れるときに、売って身の丈に合った車にしたかったのに、まだ走れるからと先延ばしにしてる間にもう壊れる寸前。こんなんじゃ、下取りどころか廃車じゃないかと。私も旦那も車好き、ドライブ好き。
馴れ初めも車だった。当時私が乗りたいと思ってた車に、旦那が乗っていたのでデートした。車の趣味が合うから、お金はないけど譲りたくないとこもあって、なんとか買い替えてまた楽しいクルマライフを送りたい。走って車中泊ができて大きくなくて。一つ見つけてしまった車種は、旦那もやっと乗り気になるスペックで。200万超え………今の車より100万以上お安いけど、貯蓄なしの我が家のどこからひりだす………。だけど毎日YouTubeで試乗動画を見て、載ってる人のブログを参考にし、買ったらあれもいるな、これもいるな、と妄想し。不安でしかない懐事情なのに、買い換える妄想はやはりワクワクするのさ。お金ないけどもう今の車の修理にばかりお金かかるなら、新車のローンのほうが未来あるように思える。酒も煙草もやらない。毎日寄り道せず帰って、家にいるときはほとんど育児してくれる。私のすることにも制限しない(ヲタ活)どころか、聖地巡礼を岩手までしてくれるありがたい人なんだが、お金の計算してくれー。そして、欲しい車がかえるようにシュミレーションしてくれ。あと伸ばしにして、高くなった消費税で買うのは嫌なんだ。どうせ買うなら上る前!今の車は大好きだし、思いでしか詰まってないけど、近い内に走れなくなるんだよー。今修理に出してる箇所だって二万五千円。抗がん剤一回分、って数えた自分が悲しい。お金降ってこーーーいっ。

あなたのお部屋に聖地巡礼をお届けします

聖地巡礼六社目です
タイトルは完全に私の感想からつけました!↑さっそく一の肥前鳥居!1662年製とのこと。この年だと継ぎ目の有る明神鳥居は普通に作られています。笠木の木鼻(端っこ)が反っています。↑一の鳥居脇に。何の仏像でしょうか。
両親や祖母はとても仏教に熱心で詳しくて、老いてもなお仏教を学んでいるのに、私は仏教に詳しくないです。仏像の名前と見た目が一致しません
仏教は、私は実家の信仰する宗派のお経?が頭に残っているのと、手塚治虫の「ブッダ」をフィクションですが読んだ程度です。
それどころか長崎学を学ぶうち、キリスト教ってどういう内容?と思って調べた聖書のほうが、より多く頭に残っています。
両親や祖母が知ったら、2度と会って貰えないかも知れません本当に。
↑立派な石垣と二の肥前鳥居。1647年製とのこと。木鼻の反りは大きくありません。

↑こちらの神社にも様々な石造物が。神馬石碑の脇の豚っぽい像左下のものはもしかして狛犬の作りかけかなー?とか思って撮影。
↑お稲荷さんの祠と石碑。↑八幡宮の扁額や御神木の石碑。&数々の肥前狛犬。

そしてついに…!(位置的には石造物より鳥居が先でしたが)↑ジャーンついに出ました
これぞ肥前鳥居のレジェンド三の鳥居様式から、肥前鳥居発生期の初現的様相を呈しており、1570年代製と思われるそうです。(初現的様相ってどうしてわかったんでしょうね?他にもこのような肥前鳥居か、資料が有るのでしょうか?見てみたいです。)
こちらの神社、オール肥前鳥居です

下へ行くほど顕著に太くなる、堂々とした、2頭身ガンダムの足のような柱この鳥居の絵を描くときはフリーハンドの方がリアル。
笠木&島木といびつな貫の、手を入れると挟まれそうな間隔の狭さ
風化で角の丸くなって優しい、苔むした石材
これは長老です!肥前鳥居の長老です!肥前鳥居と言わず、全石鳥居のレジェンドです!(一番古いと言っている訳ではありませんよ)
うーん、悲しいけど我が長崎市の継ぎ目の鳥居とは全く別物(同じ長崎県の諫早市には肥前鳥居があるそうですが)
こんな有り難い鳥居が有るでしょうか…。有りましたねえ…
高さは低めですがご覧の通り主張は強め。心が鷲づかみされます。抱き締めたい位でした。(していませんよ)ずっと見ていたい。
タイムスリップした気分です。したのかも知れない。神社ってもしかしたらそこだけ「昔」なのかも知れません。もちろん時代の新しい奉納物もありますが…、それもタイムスリップして奉納しているのかも知れません。
見ることができて本当に良かった。

ちょっと感動し過ぎまして…。嬉しくて嬉しくて、言葉に、沢山しちゃった(某有名歌詞を意識。)
あーあ、ぱんだランおかしな方向行っちゃったかな…って怖がらないでくださいね(^o^;)

心を落ち着かせますから
↑気を取り直して丸い扁額(八幡宮とあり)。(長崎市の西山神社にもありました。)そして継ぎ目と基礎(あらわになってきています)。
風化した感じがたまりません。古さを物語っていますね!宝です。もちろん文化財指定されていますが!監視カメラやSP付けて頂きたいほどの聖地ですね。
↑そして笠木&島木のディテールをご覧ください!退化したかのような薄い島木が確認できます。そして笠木に屋根を施したような。
今までの肥前鳥居の笠木の下の面はツライチ(凹凸なし)だったような!
まだ私が見ていない肥前鳥居には同様のものがあるかもしれませんが…!
こんな島木になっている理由はなんだったのでしょうか?島木部分は必要だったのでしょうか?当時の石工さんに聞いてみたいです。
さらに柱の外側の貫の部分は、柱の間の貫と位置がずれています。いびつに見えるはずです。好きですこういうの。
はー書きたいこと沢山書きました!
↑そうそうこの辺りは、肥前石工の里、と言うそうです看板の犬が肥前狛犬なのでしょうか普通の犬っぽい↑最後に牛津市のマンホール。周りの葉?がからすみか珈琲豆ににてますね!
あら説明が肥前鳥居と差がありすぎ(多久市や大村市のマンホールは撮影も忘れてました)

コメントは受け付けていません。