記憶の未公開情報を通販ショップで提供、こよなく愛する女性のためのトレンド発信基地

Pocket

記憶の通販ランキングは?楽天ショップでの比較買いがお得ですね

Part34 真実
視線を動かすことなく彼を見てたウェイウェイの心に突然、一抹の不安がよぎる。

こんなの好きじゃない。まるで彼を反撃の道具にして見せつけるみたいなやり方。しかも彼はその経緯を何も知らない状況なのに。
 
アルシーは彼女の表情を観察して、緊張しながら言う。 「ウェイウェイ、敵前逃亡する気じゃないよね!」
 
何が敵前逃亡よ。私がいつ戦争したいなんて言った!
 
ウェイウェイは不機嫌な顔で彼女をじろりと睨みつける。心の中は少し憂鬱だった。会食に来ただけなのに、彼女たちがこんなことを企んでいたのなら、純粋な食事会が純粋でなくなってしまう。
 
いいわ。あの人たちは存在しないと思うことにしよう。いずれにせよ、ただ同じレストランで食事するだけのこと。そう考えて、ウェイウェイはルームメートに注意を与える。 「しばらくは食べることに集中して、おしゃべりは控えること」
 
フランス料理はとても高価なため、言い間違いに気づき、あわてて付け加える。 「食べ過ぎもダメ!」
 
シャオ・ナイが近づいた時、ウェイウェイのこんな烈しい一言が耳に入る。そして自然と鬼の形相になっているのを目にし、初めて言葉にできない感情が芽生えた。
 
アルシーが機会に乗じて訴える。 「シャオ先輩、お宅のウェイウェイ、ちょっと見てくださいよ」
 
これはとても耳当たりのよい言い方で、シャオ・ナイは心身ともに軽やかになる。振り向いてアルシーに目をやると、正式に彼女をしっかり記憶に留めた。それから彼女の言葉に従い、ウェイウェイを教育する。 「そんな接待の仕方はないだろ」
 
シャオリンたちは一斉にくすくす笑う。
 
スースーは大胆なことにシャオ・ナイに言う。 「でも先輩、ウェイウェイがあんな風に言うんで、私たちもう注文する勇気がありません」
 
シャオ・ナイがにっこりする。 「大丈夫。俺の財布はまだ当分ウェイウェイの管理下にないから」
 
シャオリンがニコニコして言う。 「じゃあ、このチャンスを利用して急いで食べなきゃ。そのうちウェイウェイが先輩の財布の紐を握ったら、私たち 漬け物すら食べられなくなっちゃいそう!」
 
彼女たちは賑やかにしゃべっているが、ウェイウェイは口を挟まず、横に立っている人をじっと見つめる。
 
彼の眉目清秀な姿には持って生まれた傲慢さと隔絶感がある。しかしルームメートと彼の距離はすでに消えてなくなったように見える。ウェイウェイはそれが少しもおかしいと思わない。これが彼なのだ。ほんの少しの忍耐力で、簡単に人々を和やかにすることができる。
 
さっき車内では気に留めなかったが、今になってウェイウェイは彼がフォーマルな白いワイシャツを身に着けていることに気がついた。まるで現場での交渉を終え、そのまま飛び出して来たような格好だ。考えてみると、彼は空港に着いた足で私たちを食事会に招待したのだから、そもそも着替える時間もなかっただろう。
 
なぜかウェイウェイは突然、胸の中が息苦しくなる。
 
彼女は大神がどんな思いで運転してきたか、敢えて推測することはしなかったが、きっと純粋な食事会だと考えていたに違いない。他の目的があるとは思いもよらないだろう。
 
息苦しい感覚がより一層強くなった。  彼らはしゃべりながらレストランの方へ歩いて行く。ウェイウェイは突然足を止め、とっさにシャオ・ナイの袖をぎゅっと引っ張った。
 
「入らないで」
 
この言葉が口から出た途端、ウェイウェイは気持ちが楽になった。まるでさわやかな風が吹いたかのように、ここ数日の積もりに積もった不快さとさっき愛シャネルを見て生じたモヤモヤがすっかり消えた。
 
そうよ、私は入りたくない。メンツのために食べに行きたくない。腹いせのために食べに行きたくない。ただ静かに友だちや数日会わなかった彼と一緒に食事をしたいだけ。
 
アルシー、シャオリン、スースーは互いに顔を見合わせ、口を開きかけて止める。ウェイウェイは顔を上げて、シャオ・ナイを見る。 「別の所へ行きましょう。私はここがイヤなの」
 
シャオ・ナイの瞳が微かにきらめく。
 
長い時間。
 
彼がうなずく。 「わかった。車を持って来る」
 
「ええ」 大神が文句ひとつ言わず、労を厭わないので、ウェイウェイは少しきまり悪く感じて、頭を下げる。 「お手数かけます……」
 
「悪いと思うなら、俺と一緒に車を取りに行こう」
 
えっ?ウェイウェイは想定外のことに頭を上げるが、その目に潜んだ茶目っ気をはっきり捕らえる。
 
>o<
 
「……1人で行って、すぐに戻って来て」
 
彼のピンと伸びた後ろ姿が遠ざかるのを見て、ウェイウェイは振り返り、アルシーたちを見る。 「私を責めないよね」
 
スースーがうなずく。 「もちろん。ここで食べたくないならやめよう。ウェイウェイに黙ってこんなことしたのに、私たちを責めなかったもん。どっちみち彼女たちの目の前で見せつけられたから、私は満足よ。ハハ」
 
アルシーは少し失望した。 「ウェイウェイ、彼女たちを気にすることないのに」
 
「気にしてるわけじゃない」 ウェイウェイが真顔になって言う。 「ここが四川料理の水煮魚店なら、私も食べたかった。中に愛シャネルが10人いようと入っていたわ。でも、ここはフレンチレストランよ。みんなも嫌いでしょ。私は食べたくない。彼女への当てつけで、なぜ私たちが好きでもないものを食べなきゃいけないの?」
 
まったくの無益だ。消化不良を起こしかねない。最も重要なことは、否応なく大神の美を提供しなければならないということ!!!
 
割に合わないビジネスだ。
 
アルシーが嘆き悲しむ。 「もういいよ。わかったから」
 
ウェイウェイは嬉しくてほっとする。
 
「水煮魚を食べたいだけなんでしょ」
 
ウェイウェイ 「……」
 
ウェイウェイ 「まあそんなとこかな……」
 
シャオリンはまだ諦めがつかない。 「このまま去ったら、途中でやめることになっちゃうよ」
 
「過ぎたるは及ばざるが如し。これでもう十分。同じリング上で戦うより、場外で決着をつける方がずっと利口よ。それにね、シャオリン……」
 
2つの視線がかなり長い間、彼女の体に貼り付いていた。ウェイウェイは目を上げ、避けずに正面から見返す。そして静かに、しかし力強く言う。 「隠れた敵に対する最善の方法は、彼女に戦うチャンスすら与えないこと」  水煮
を食べに行く道すがら、アルシーはフランス料理の価格分くらい水煮魚を食べると宣言する。水煮魚は美味しいが安いという点を考えると、フランス料理はべらぼうな額なのだから、こんな宣言してもできるわけないとウェイウェイは高を括っていた。
 
しかし……
 
その夜、彼女たちはなんと3.5キロの水煮魚を食べた。
 
3.5キロだ……
 
もやしだけが残った空っぽの大皿を見て、ウェイウェイは不思議な気分だったが、シャオ・ナイはむしろ落ち着いて淡々としている。ウェイウェイはルームメートと自分のイメージを回復しようと、とても恥ずかしそうに言う。 「ホントは……私たち、いつもはこんなに食べられないんだけど。せいぜい2~2.5キロ……」
 
シャオ・ナイは気にせずうなずくと、手を挙げてウエイターを呼ぶ。 「メニュー」
 
ウェイウェイは固まった。大神、あなたは豚に餌をやってるつもり……?
 
食べ終わると、当然シャオ・ナイが車で彼女たちを学校へ送り届けるのだが、学校近くの大きなスーパーマーケットを通過した時、シャオリンが止まるよう連呼する。 「私とアルシー、スースーはスーパーに寄って買い物をしなくちゃいけないんで、先輩とウェイウェイは先に帰ってください」
 
シャオ・ナイは言う。 「ここで君たちを待っていよう」
 
「いえ、結構です。私たちはもう少し後にバスで帰りますから」 シャオリンが慌てて断る。
 
ウソでしょう。彼女たちなりのルールに則った身の処し方!タダで飲食した以上、絶対お邪魔虫になってはならない!人の恋路を邪魔したら、馬に蹴られて死んでしまう。
 
ルームメートたちはくすくす笑って、車から逃げるように降りる。ウェイウェイも無意識に体を前方に傾け、少し外側へ動かした。実際に降りるつもりはなかったが、どういうわけか体が習慣的に車から降りようとする動きを取ってしまうらしい。
 
するとたちまち手首をしっかり掴まれ、柔らかい座席に押さえつけられた。
 
ウェイウェイは驚き、振り向いてシャオ・ナイを見るが、彼は車の外にいるシャオリンたちと別れの挨拶をしているところだった。まるで大して強い力を使うことなく彼女を押さえているかのように、ごく自然な表情をしている。
 
シャオリンたちはキャッキャッ笑いながら駆けて行った。手首をまだしっかり掴まれたまま放してくれないので、ウェイウェイは少しムッとする。 「あのぉ」
 
シャオ・ナイは軽く笑って手を放し、まるで何事もなかったかのように車を出す。ひとしきり運転した後、赤信号で停車すると、シャオ・ナイは前を見たまま静かに口を開く。 「話してごらん。何があった?」
 
ウェイウェイはとっさに反応できなかった。 「?」
 
「フレンチレストラン」 シャオ・ナイは指摘する。 「何で突然やめようと言い出した?」
 
「え~」
 
「とぼけるんじゃない。君は今までワガママを通したことなんかないじゃないか?いったいどういうことだ?」
 
>o< 彼からの褒め言葉に感謝すべきかしら?……
 
ウェイウェイは事実をありのまま話す。 「中にイヤな人がいたから」
 
「えっ?誰?」
 
ウェイウェイは突然ハッと気づく。言わば、目の前にいるこの人が私を非難の的に陥れた張本人、悪の権化だ!
 
だから不機嫌そうに答える。 「誰でもない。たぶんあなたにビラを送りたかったのに送れなかった人なんじゃないの」  車は急停車し、それから大きなカーブを描いて狭い路地に入った。シャオ・ナイは車を停めると、視線を転じ、笑っているようないないような眼差しで彼女を見る。
 
「ウェイウェイ」
 
ウェイウェイは彼の突然の動作にびっくりした。 「何をするつもり?」
 
「何もしない。ただ君のこんな姿はめったに見られない気がして。だから」 肘をハンドルで支えて、細く長い指で顎を撫でながら、シャオ・ナイの瞳は輝く。 「停まってもっと見ていたかった」
 
ウェイウェイは彼を睨みつける。顔がゆっくり赤らみ、怒りで死にそうな気分だ>o<
 
怒りで頬を赤く染めた姿はこの上なく美しい。しかし、彼女が本当に恥ずかしさで怒り出す様を見て、シャオ・ナイは退き時と感じ、引き下がった。そして真面目くさって尋ねる。 「そのビラがどうしたって?」
 
ウェイウェイは気持ちを落ち着かせ、まともに彼の相手をしないことに決めた。少し考えた後、事の一部始終を語り始める。もちろん、75のCというような具体的なデータは省略した= =
 
彼女の話が進むにつれ、シャオ・ナイの顔がどんどん冷ややかになり、ついさっきまで車内に漂っていた何とも言えない雰囲気もすっかり消えてしまった。ウェイウェイは異様な様子に気づき、話を止めた。
 
シャオ・ナイが無表情で言う。 「続けて」
 
「だいたいそんなとこ。さっき彼女たちがあのレストランで食事をしてた。アルシーは前もって彼女たちが来ると知っていたから、行きたがったのよ」
 
「名前は?」
 
ウェイウェイは一問一答する。 「愛シャネル」
 
「4人だろ。他は?」
 
「……他は、確かじゃない」 ウェイウェイはどうしても人の悪口を言うことに抵抗がある。 「もういいの。ネットを見ればわかるわ。でもコメントはしないでね。放っておけばいい」

今はすでに世論が彼女に傾いているだけでなく、愛シャネルも十分肩身が狭い思いをしている。
 
放っておく?シャオ・ナイは冷たく言う。 「俺には恐らくそれほどの度量はない」
 
大神……本当に怒っているらしい。しかしすでにあれから数日が経ち、ウェイウェイは何とも感じなくなっていた。
 
「正直こんな話、子供の頃から聞き慣れてるもの。最初はそれらをエネルギー源にするつもりだった。でも後になって考えると、エネルギー源にする価値すらない」 瞳を自信いっぱいに輝かせ、ウェイウェイは彼を見て真剣に言う。 「私の今のエネルギー源は--」
 
あなたよ。
 
空気が静止する。
 
彼を見つめる2つの目は美しくきらめき、まばゆい光を放っている。シャオ・ナイはこの瞬間、彼女の美しさを形容するいかなる比喩も考えつかず、ただこの手で彼女の目を覆いたいと思った。そうすれば心臓がこんなに狂ったように鼓動することもないだろう。
 
ウェイウェイは突然窒息しそうになる。
 
明らかに1秒前は、まだまともな会話をしていたのに、どうして突然こんな状況になったんだろう……

必死
目を窓の外へ向けると、ウェイウェイは咳払いして、できる限り自然に言う。 「ここに停まってちゃいけないわ。交通の妨げになっちゃう」  教職員の家族として、シャオ・ナイの車はキャンパスに入ることができる。しかし女子寮の下まで乗りつけるのはよろしくないため、車は自分の家の階下に停め、そこから歩いてウェイウェイを寮へ送って行く。
8、9時は本来、キャンパスが比較的賑わう時間帯なのだが、試験期間中のため閑散としているのも致し方なかった。2人は肩を並べ、花が咲き並ぶ誰もいない小路を歩く。満天の星が照り輝き、理系女子は声を出さずに計算する…… 道を1本、遠回りしたから、300メートル…… もう1本、遠回りしたから、500メートル…… 足して800メートルか。うん、あと何回りかすれば、水煮魚を消化できるはずね。 シャオ・ナイがゆっくり口を開く。 「試験が終わったら、俺のルームメートと食事をしよう」 「えっ?」 単純な足し算から引き戻され、ウェイウェイはうなずく。 「ええ」 「イヤか?」 不満そうな口ぶりに聞こえる。 「そうじゃなくて、ただちょっと……」 ウェイウェイは口ではそう答えるが、心の中は突然 非現実的な感情に襲われる。 一貫して自分と大神の状態は‘恋愛準備’の段階であるべきと考えていた。なのにルームメートにこんな手を使われ、突然 関係を決定づけられたような感があるけど >_<、現実味がない。 その上、あなたのルームメートと食事をする…… その上、あなたはシャオ・ナイ…… この名前がもたらす非現実感に、実は今までずっとカバーを掛けていたのだ。 「え?」 「ただ……ちょっと実感がないっていうか」 シャオ・ナイはぱっと足を止め、振り向いて彼女を見つめた。 ウェイウェイも止まった。 そして、ウェイウェイはいきなり彼の抱擁に包まれた。クールな男の吐息でたちまち彼女の感覚器官がすべて満杯になる。彼の両腕に閉じ込められ、動くことができない。頭は彼の胸にうずめられ、何も見えない。ただ彼が耳元で話す声だけが聞こえる。 「本当はこんなに急ぐつもりはなかったけど」 クールな声を低く抑えて、異なる魅力を漂わせ、彼は尋ねる。 「これで実感が湧く?」 まるでひっそり静まり返るように思える一方、極めて騒々しいようにも思える。この瞬間、宇宙の混沌とした時間は停止する。胸に抱かれたウェイウェイは、唯一 彼の心臓から聞こえる鼓動だけを感じることができた。 真実だった。それでもなおさら幻想に過ぎない気がするが、そんなことはどうでもいい。たとえこのすべてが真実でないとしても、確かなる非現実なのだから。

「記憶」の超簡単な活用法

こんばんはメタスラです( ^ω^ )
晩御飯におでんを食べて現在テレビタイム( ^∀^)
ん?ちょっと皆んな!
アメブロさんが、またプレゼントを配ろうとしてるわよ
皆んな気を付けて!13周年のプレゼントだってどこに行ったのか分からないじゃない!
ちゃんとどこ行ったのかくらい発表しなさいよ!

でも、何かくれる気があるならそうね〜(くれるなら欲しい)
凄いしゃぶしゃぶのお肉なんてどお?凄いが抽象的かしら?

しゃぶしゃぶのお肉1kgでいいわ届いたらしゃぶしゃぶの写真上げるわよ
本当は現金がいいけどどうせダメでしょ夢が無いし( ̄▽ ̄)
     アメブロサンタからのおくりもの2017 
今までで一番嬉しかったプレゼント?
記憶に無いわね(-_-)
ああ、今日娘ちゃんがコカコーラゼロ買って来てくれたわ嬉しいじゃないの( ^ω^ )


記憶 関連ツイート

RT @happymoeka_777: おはようございます☁️🌈
今日は ❤️12月15日❤️
今日は #観光バス記念日 です!!!
観光バスってもえか乗ったことないなぁァ💦記憶のなかでは、、(笑)
みなさんは乗ったことありますか??
今日もよろしくお願いします😳 https:…
いつ寝たんだろ…風呂の記憶が…
@Sakusaku08311 き、記憶に無い、、、(;・∀・)(笑)。
RT @tomoakikubo: サビの姉猫とおもいっきりじゃれる。ワイワイお互い満足した後、ふと自分の手を見るとキレイなまま。そう言えばこの子と遊んで爪に引っ掻かれた記憶が無い。なんとも賢い子。
【※昨日(12/14)に頂いたコメントは明日お返しさせてもらいます。すいません。…

コメントは受け付けていません。